薄毛の危機到来!育毛剤で解決しました

私は20代のときからすでに薄毛の危機を感じていました。
女性ってつむじから禿げてくるといいますよね?
実際に私はつむじのところが薄くなってきていたのです。
最初は気のせいかと思っていました。
だって私の髪はどちらかというとフサフサなのです。
でもどうしてかつむじの辺りだけ薄いんですよね。抜け毛もすごいし、このままで居たら薄毛どころか禿げる危機を迎えそうだと思いました。
そんなときに育毛剤を手にしたのです。
それまで育毛剤にはなかなか手を出せずにいました。
年齢のことが私の頭には合って、まだ20代なのに育毛剤を使うなんて恥ずかしいと思っていました。
世間体を気にしてしまってそれで使うのを躊躇っていたのです。
でもつむじがここまで寂しくなってしまったら使うしかないと思いました。
そうしてやっと私は育毛剤を使う気になったのです。育毛剤を使って見たらその効果は明らかでした。やっぱり育毛剤は何歳であっても使うべきなのです。

女性抜け毛

ベルタ育毛剤を試してみました

通販でベルタ育毛剤というのを見つけ注文してみました。
届いたので早速使い始めました。
匂いは特に何もしません。
手のひらに出してみると透明で少しとろみがあります。
サラサラ系の育毛剤だと塗った時に液だれしやすいから、とろみのある育毛剤は嬉しいですね。
この育毛剤は年齢や薄毛の状態を問わず、どんな抜け毛や薄毛にも対応してくれます。

また女性ホルモンに似た働きを持つ成分も含まれているためホルモンバランスの崩れた抜け毛にもよく効きます。
女性はストレスや不健康な生活からホルモンバランスを崩しがちです。
また年をとるごとにホルモンが減少します。
そういった人達にもホルモンバランスを整える作用のあるベルタ育毛剤はうってつけなのです。
私にも思い当たるふしがあり購入のきっかけになりました。
とりあえず1日1回、1本使い切るまで使用してみました。
結果、おでこの生え際に産毛が生えてきています。
シャンプー時の抜け毛も減り細くコシのない髪に少しハリが出てきたようです。
2本目を注文したところなのでもう少し頑張って続けます。

良い育毛シャンプー

まとめ

今つむじの髪の毛が非常にフサフサに増えてきています。
これは早くに育毛剤を使って対策したおかげだと思います。
育毛剤は私にとってなくてはならないものなのです。早めに対策した方が効果が出るので、少しでも薄毛の危機を感じたときは対策のために育毛剤をお使いください。

産前産後の抜け毛と対策について

現在30代半ばの主婦の私ですが、20代後半で子供を立て続けに二人妊娠・出産した頃激しい抜け毛に悩んだ経験があります。
女性にとって妊娠・出産は人生を賭けた大仕事と言われるほど体への負担が大きくなるものです。
妊娠中は母体から胎児へ栄養を供給しなくてはなりませんし、出産後の母乳も母体からの血液や栄養から生成されるものです。
それに加え妊娠・出産期間には急激な女性ホルモンの変化もあります。
元々ホルモンバランスを崩すと女性はそれだけで体調不良にも陥りがちですから、この時期の急激なホルモンバランスの変化が体に及ぼす影響はとても大きなものだと思います。

それに加え出産後にはすぐに慣れない育児がスタートし、昼も夜もない過酷な生活が強いられます。
これによって女性が抱えるストレスも大きくなりがち・・・
これら様々な要因によって妊娠・出産期には抜け毛で悩む女性が多いと聞きました。
抜け毛

妊娠中の髪の抜け毛について

実際私も妊娠後期(9か月目位)から髪が急に抜けるようになり、その状態は産後半年ほどまで続きました。
このままではいけないと妊娠中に行ったのがカラーリングの中止です。
それまでは髪を定期的に明るく染めていたのですが、カラーリングは頭皮内部のダメージにもつながるため、結果として抜け毛を誘発することがあると分かり、それ以降カラーリングするのを諦めました。
また髪を長くしておきますと髪への栄養が全体に伝わらず、それが抜け毛につながることも危惧されましたので、長かった髪を短く切りました。

産前産後抜け毛

出産後の抜け毛対策について

出産後からはそれにプラスして育毛剤の使用もスタートさせました。
私が使用していたのはベルタの育毛剤です。
ベルタの葉酸サプリを妊娠中の健康維持に使用していたのがきっかけで知った商品でしたが、妊娠・出産期のナイーブな頭皮にも使える無添加の商品であることに安心感を抱いたことが購入のきっかけになりました。出産直後から一日2回朝のスタイリングの前と夜のシャンプーの後のタオルドライした髪に適量塗布して指の腹を使って丁寧なマッサージケアを心掛けていました。

これらの対策を行っても多少の抜け毛はありましたが、ある程度その症状は抑えられていたと思います。抜け毛が止まらず症状が加速したり悪化したりすることもなく、出産後半年程で落ち着いたのはこれらの成果だと考えています。
妊娠・出産期には誰しも経験する抜け毛ですが放置していては悪化するばかりで良いことはありません。
体に負担のかからないよう注意しながらも対策することは大切だと経験から学びました。

頭髪が少なくなる原因を特定する事が大切

人々はたまに抜け毛でお悩みです。それで対処法も複数あります。
抜け毛対策で解決を試みる場合、適切な方法を選ぶ事は大切です。

的外れな方法では、肝心の問題点が解決する確率も低くなり得ます。逆に適切な手段ならば、もちろん毛髪の状況も変わる可能性が高まる訳です。

薄毛原因

頭髪改善の為には、実は原因特定が1つのポイントになってきます。

具体的な抜け毛の原因としては、例えば乾燥が挙げられます。

そもそも髪の毛は、頭皮表面に生えている事だけは間違いありません。
したがって毛髪は、実は頭皮の一部とも言える訳です。
それゆえに頭皮表面などは、毛髪の状況も大きく左右します。
冬などは空気も乾燥しがちですから、やはり頭皮にダメージも蓄積されやすいですから、抜け毛本数は増加する事も多いです。
乾燥だけではありません。
ホルモンに関する事柄も、大いに考えられるのです。
体内にて作られているホルモンは、それぞれ個人差もあります。

それで頭髪の状況が良くなるか否かは、そのバランスに左右される傾向があります。
バランスが崩れてしまっている方々は、どうしても頭髪が薄くなる傾向があります。

市販の洗髪剤に原因が潜んでいる事もあります

あまりにも刺激が強い洗髪剤では、頭皮に問題が生じる訳です。
このように、とにかく原因は色々あります。
もちろん各原因によって、対処方法は大きく異なるでしょう。
湿度が原因だと考えられた時は、やはり保湿がポイントになってきます。
普段の食生活を改めることで、保湿能力が高まるケースもしばしばあるのです。
それで洗髪剤が原因の場合は、当然チェンジが望ましいでしょう。
現在洗髪剤Aを使っているなら、Bにチェンジしてみる事で解決する可能性があります。

抜け毛

まとめ

肝心なことは、上記でも触れた通り原因特定です。
少なくとも乾燥が原因だと考えられるなら、食生活を改める姿勢が望ましいでしょう。
ホルモンバランスを調整する対処法では、効果が限定される可能性があります。

また洗髪剤が原因だと見込まれる時は、やはり食材という手段では、効果が限定される可能性が大です。
食材というより、洗髪剤を別の物にチェンジする事が、やはり一番妥当と言えます。

こういった要素を考慮すれば、髪の毛の問題を何とかしたい時には、やはり原因特定が一番大切です。
様々な可能性を自分なりに洗い出して、一番可能性が高い原因を考えていくと良いでしょう。
的外れな手段で改善を試みるより、やはり的確な手段が望ましいからです。