アルコールの飲み過ぎと抜け毛との関連性

アルコール類は、身体に対して様々な影響を及ぼす事は、よく知られています。
余り飲み過ぎてしまう方々は、総じて体調不良になる事は確かに多いのです。
それでアルコールは、髪の毛との因果関係もあります。
抜け毛をあまり多くしたくないと望むなら、アルコールはできるだけ控える方が良いでしょう。

アルコールで抜け毛が促進されてしまう理由は、それこそ複数あります。例えば、肝臓との因果関係があるのです。
そもそも肝臓では、髪の毛を作る為の材料が生産されています。
髪の毛の大部分は、タンパク質によって形成されているのですが、あれは実は肝臓によって作られている訳です。
それで肝臓が正常な状態なら、タンパク質に関する問題は特に発生しません。
しかし、中には肝臓に問題がある方々も見られる訳です。

アルコールを飲み過ぎる方々は、総じて肝臓に対して大きな負担がかかる傾向があります。
それでタンパク質があまり多く作られなくなり、髪の毛にも悪影響が生じてしまう訳です。

髪の毛に対する材料が減ってしまう訳ですから、当然抜け毛も発生しやすくなります。
それだけではありません。皮脂との因果関係も確認されているのです。

そもそも皮脂は、髪の毛を形成する上ではあまり望ましいものではありません。
それでアルコールを飲み過ぎる方々などは、どうしても皮脂の分泌量も大きくなってしまう傾向があります。
というのもアルコールは、体内で分解しなければなりません。
それで分解には、多くのビタミン類が求められる訳です。アルコールを大量摂取してしまいますと、ビタミン不足になってしまいます。

それでビタミンがあまり足りない状態では、どうしても皮脂の分泌量が増加する傾向があるのです。それでは髪の毛が抜けてしまう本数なども、増加傾向にあります。
それと眠りに関する問題があります。
アルコールを多く摂取してしまいますと、総じて睡眠不足になってしまう傾向があるのです。
それで髪の毛が健やかに育つ為には、それなりの睡眠確保が求められます。

肝心の睡眠時間を確保できなければ、当然髪の毛に対する問題も発生しやすくなるのです。
アルコールが睡眠不足を引き起こす事による連鎖反応で、やはり抜け毛が促進されやすくなります。
またアルコールによっては、多くの糖分が含まれているのです。
それで糖分が余り多いと、上記でも触れた皮脂に関する問題が発生しやすくなります。それで皮脂が髪の毛に対する悪影響を及ぼし、やはり毛髪が抜けるよう促進されてしまう訳です。

ちなみに誤解されがちですが、適量のアルコール分ならば問題はあります。
かえって良い影響があるのです。しかし何事も加減が肝心で、飲みすぎ状態では抜け毛が促進されやすくなるという話になります。飲み過ぎない事が肝心と言えるでしょう。

まとめれば、結局アルコール類の飲みすぎなどは、どうしても髪の毛が抜ける本数を増やしてしまう訳です。抜ける本数をあまり多くしたくない時には、お酒類はできるだけ控える方が望ましいでしょう。

AGAのメカニズムと改善方法は?

1.若い年代から始まる薄毛は
薄毛は20代や30代と言った若い年代から始まることがあります。
年齢が若いほど悩みが大きくなりますが、それはAGA男性型脱毛症が原因である可能性が高いです。
少しずつ髪の毛が薄くなっていくため最初は分からないことが多いです。
なぜ若いのに薄毛が広がるのか不思議に感じる方は多いと思います。
そこでAGAのメカニズムとその改善方法をこれから紹介していきます。

2.AGAのメカニズム
髪の毛が生えている毛穴の奥には毛乳頭と毛母細胞があります。
毛乳頭は頭皮下にある毛細血管と繋がっており、血液から栄養と酸素を受け取りしています。
毛母細胞は毛乳頭から栄養と酸素を受け取りし、分裂することで髪の毛が伸びていきます。
この毛乳頭には男性ホルモン受容体が存在しています。
この受容体はアンドロゲンリセプターとも呼ばれており、男性ホルモンのテストステロンが血液によって運ばれると5αリダクターゼⅡ型と言う還元酵素により、DHTと言う男性ホルモンの一種に代謝されます。
このDHTが男性ホルモン受容体と結合すると脱毛因子TGF-βが働き出します。
髪の毛には成長期、退行期、休止期とあり、TGF-βにより成長期が短くなります。
本来太く長くなるはずだった髪の毛が細く短くなっていきます。
次第にTGF-βの影響を受ける髪の毛が増えていき、薄毛が広がっていくと言うのがAGAのメカニズムです。

3.AGAの症状は
5αリダクターゼⅡ型は前頭部や頭頂部の毛乳頭に存在しています。
そのため前頭部から始まる人、頭頂部から始まる人、その両方から始まる人に分かれます。
前頭部から進行するとM字型に、頭頂部から進行するとO字型に、両方から進行するとU字型となります。
5αリダクターゼⅡ型は側頭部と後頭部の毛乳頭には見られないため、この部位の髪の毛は残ることが多いです。

4.AGAは遺伝しやすい
AGAは男性ホルモン受容体の感受性が大きく発症に関わっています。
感受性は遺伝しやすく、感受性の強い遺伝を受け継いだ方はAGAを発症しやすいです。
逆に感受性の弱い遺伝を受け継いでいる方はAGAを発症しないことがあります。
同じ年代でも髪の毛が薄い人、薄くならない人と分かれるのはこのためです。
アンドロゲンレセプター遺伝子検査で比較的手軽に調べることが可能です。

5.AGAの改善方法は?
AGAは病院やクリニックで治療を受けることが可能です。
いくつかの治療法がありますが、AGA治療薬プロペシアが特に有名です。
プロペシアは5αリダクターゼⅡ型の働きを阻害する効果があります。
主に脱毛を予防する目的で使用されますが、多くの患者さんで発毛が見られます。
ミノキシジルと言う血管拡張作用のある成分配合の外用薬も有名です。
血管拡張作用から毛乳頭や毛母細胞に多くの栄養と酸素を届けて活性化、発毛を促進させています。
病院の皮膚科ではプロペシアのみの処方ですが、AGAクリニックではミノキシジルの処方も受けられます。
プロペシアとミノキシジルの併用治療も受けられます。
成長因子を頭皮に注入する育毛メソセラピー、グロースファクター再生療法、HARG療法などのAGA治療もあります。
病院やクリニック以外で改善したいときは育毛剤や発毛剤があります。
育毛剤は植物から抽出した成分を配合するものが多くなっています。
発毛剤はミノキシジル配合のものが一般的です。
AGA治療薬や育毛剤、発毛剤が効かないときは自毛植毛を受けると言う手段もあります。

6.最後に
AGAは末期まで進行すると手遅れになる恐れがあります。
プロペシアでもミノキシジルでも成長因子の注入でも改善が期待できなくなります。
薄くなり始めたなと気づいたら早めに治療を開始すると良いでしょう。

育毛剤で生じる様々な副作用

髪の毛に関する問題を抱えている方々は、しばしば育毛剤を検討しています。
ただそれによるネガティブな作用が心配な方々も、たまに見られるのです。
現に育毛剤によっては、副作用が発生する事は確かにありますから、気を付けた方が良いでしょう。

育毛剤によって引き起こされる副作用は、それこそ非常に多彩です。
例えば、循環器に関する問題点が挙げられます。
飲むタイプの育毛剤に多いのですが、心拍数の異変などが生じてしまうケースもあるのです。普段よりも動悸が早くなってしまい、心配している方々もたまに見られるのです。

それだけではなく、胸周辺に対する痛みが生じる事例も見られます。
いわゆる胸痛が発生してしまう訳ですが、主に循環器に対する影響が考えられるのです。

それだけではないです。代謝関連の副作用が生じる事もあります。例えば体重の増加などは、あり得る話です。
日本で販売されているある育毛剤でも、ちょっと体重が増えてしまうケースもあります。代謝に関する異変が生じるので、体重も増えやすくなってしまうからです。

それだけでなく、むくみ等の問題点が生じる事例もあります。
手足の一部が膨張してしまう事例もありますが、それは新陳代謝の異常が一因だからです。
育毛剤が代謝に対する異変を起こしてしまい、むくみが発生する事もあります。

また神経系統に関する副作用も、いくつか確認されているのです。
例えば目まいなどが発生してしまう事例があり、人によってはそれが少々深刻なケースもあります。
その他にも、ひどい頭の痛みが生じてしまう事例もある訳です。

また育毛剤によっては、肝心の頭皮部分に対する悪影響が生じる事があります。
いわゆる赤みやかぶれ等の症状が発生して、かえって育毛が妨げられてしまう事もあるのです。
何も頭皮表面だけではありません。
皮膚の他パーツに対して、赤みや痒さ等が生じてしまう事例もある訳です。
また発熱感を覚えてしまう事例も確認されています。
このように育毛剤は、様々な副作用を引き起こしてしまう事があるのです。

ただしそれが必ず発生するとも限りません。
やはり個人差もある訳です。全ての方々に対して上記の症状が生じる訳でもなく、個々の状況によってそれが生じる確率も変わってきます。
体質など、様々な問題が関わってくるからです。

ただ基本的には、製品の注意書などをよく読んでいれば、特に問題はありません。
誤った使い方をしてしまいますと、上記で触れた様々な副作用が生じる事はありますから、気を付けた方が良いでしょう。
それと生産国なども、よく確認する方が望ましいです。
やはり日本製の育毛剤などは、それなりに無難な傾向があります。厳しい検査などを受けている製品かどうかも、よく確認しておく方が良いでしょう。

結局は育毛剤によって、副作用が生じる事例は確かにある訳です。
やはり製品パッケージなどの使用上の注意を熟読する事が、副作用回避のキーポイントになってくるでしょう。逆にそれを徹底していれば、大きな問題が発生する確率は低めと言えます。